タイトル画像

粘土作り

2017.05.04(08:53) 4371

 粘土作り
 松阪市のはにわつ”くりの会の
 2017年用の
 鎌田工房の粘土作りです
 ひと箱20キロの粘土を箱からだして、
 糸斬りで、小さくカットします、1個5キロくらいかな、
 nendoh11
 それを、右の粘土作りの機械(土まぜ機)に
 投入し、粘土作りをしますね。
 nendoh10
 機械には粘土だけでなく、3種の土の配合を
 しながら、投入します。
 nendoh12
 この配合もポイントです
 それに、粘土を投入は、結構力が要りますよ、
 nendoh16
 手前の丸い粘土が機械へ入れた粘土ですが
 nendoh14
 これを3回繰り返すのです。
 それと、投入の2種の土作りも、大変です、
 とべ作りも、これは、粘土の接着剤作りです。
 nendoh06

 nendoh07

 nendoh08
 途中で、休憩ですよ、
 左が1回目煉った粘土で、
 右が2回目ですよ。
 nendoha03
 休憩後、
 粘土作りを、機械で3回ねったものを
 1個2キロの粘土を、ナイロン袋で包装します、
 箱つめして、保管します。
 完成までに午後2時までかかり、ましたよ。
 これで、半年は、安心して、活動ができます。
 参加の皆さん、ご苦労様でした。
スポンサーサイト

ラバーバンドガン



タイトル画像

はにわつ”くりの会の粘土作り

2017.05.04(08:12) 4370

 はにわつ”くりの会の粘土作り
 本日は、松阪市のはにわつ”くりの会の
 粘土の搬入日(4月27日)です、
 はにわ工房(鎌田工房)へ、粘土の搬入です、
 はにわ館から、軽トラックで
 nendotako01
 1トン半もの粘土の搬入です。
 nendoha02
 1個20キロの粘土の搬入です。
 この様に、綺麗に収まりました。
 ご苦労様です。

ラバーバンドガン



タイトル画像

はにわつ”くりの会のCDを作る

2017.04.29(16:51) 4329

 はにわつ”くりの会のCDを作る
 松阪市のはにわつ”くりの会の2016年の活動記録を
 日ずけ別に、画像CDにしました、
 内容は、はにわ工房(鎌田工房、橋爪工房)の記録と
 松阪の12の小学校のはにわ造りの訪問指導です。
 生徒さんが、はにわを作る姿や、はにわの会の
 メンバーの指導、乾燥、窯入れ、窯出し、
 はにわの色々な形、色、味、等、と
 松阪市のはにわ館の展示まで、記憶しています。
 haniwaki01
 絵柄は2種で、会長さん
 haniwaki02
 はにわ館長さんと鎌田工房の先生です、
 haniwaki03
 はにわつ”くりの会ののメンバーと関係者には、
 あげるつもりです。
 先日のはにわつ”くりの会の会合で数人の人に
 渡しましたが、もう少し、焼き増しして 
 次の会合までに、用意します。

ラバーバンドガン



タイトル画像

はにわ工房(橋爪工房)へ

2017.03.25(08:47) 4231

 はにわ工房(橋爪工房)へ
 松阪市のはにわ工房(橋爪工房)のはにわを
 ドールと見て回ります、
 まず、船形が
 hasis02
 獅子型も
 hasis01
 円筒埴輪、太陽埴輪、そして、大きな船形も
 hasis03
 この船型埴輪は、凄いですね。
 hasis05
 まだまだ、ありますよ。馬型も
 hasis04
 いつみても、飽きないですよ。

ラバーバンドガン



タイトル画像

はにわ工房(橋爪工房)で

2017.03.25(08:31) 4230

 はにわ工房(橋爪工房)で
 松阪市のはにわつ”くりの会のはにわ工房の
 橋爪工房へ、こちらでも、円筒埴輪をメンバーが、
 作っています、
 hasiz01
 これは、太陽のイメージで、橋爪工房の看板ですね、
 こちらが、今回焼き上げた円筒埴輪です、
 entouh20
 それに、こちらの埴輪は、鎌田工房のメンバーより
 修理依頼の2点です、
 entouh21
 かなりの、割れですので、
 修理は、難しいと思いますね。
 今から、橋爪工房の作品を見て回りましょうね。

ラバーバンドガン



はにわつ”くりの会
  1. 粘土作り(05/04)
  2. はにわつ”くりの会の粘土作り(05/04)
  3. はにわつ”くりの会のCDを作る(04/29)
  4. はにわ工房(橋爪工房)へ(03/25)
  5. はにわ工房(橋爪工房)で(03/25)
次のページ
次のページ