タイトル画像

真鍮ゴム銃

2006.05.28(23:11) 111

真鍮銃
出来ました

真鍮銃

この場合は16番の2重掛けか、12番で楽しめます
グリップも仕上げが出来ました、照門も取り付けてます。

銃身と真鍮銃

銃身は取り付けができます。
本体は190mmで銃身は180mmですから、全長は370mm。
高さ110mm トータルの重さ800グラムです、まったく重いゴム銃です。私のゴム銃(拳銃)でも最も重いものだとおもいます。

真鍮銃

これがこの銃の全体像です。
機能はおなじみのシンプルイズベストです。

次にお気に入りのアルミ銃と並べて比較してみましょう。
アルミ銃と真鍮銃の比較

本日は完成までで、射的性能はつぎにでも、、、??
スポンサーサイト

ラバーバンドガン



タイトル画像

次は黄金色の射的銃

2006.05.25(12:00) 110

今度は黄金色の射的銃

実際はオール真鍮ですが、まばゆいいぶし金で挑戦いたします。
これも、連休中に材料の切り出しがすみましたので、
仕掛かりの消化となりますが、


真鍮銃

材料の切り出しの様子

ラバーバンドガン



タイトル画像

リボルバー

2006.05.24(21:58) 109

リボルバー
こんな風になりました、

リボルバー

全体の形

リボルバー

照門、弾倉、ワクワクシステムの拡大

リボルバー

輪ゴムの装着の様子 6連発 16番

リボルバー

後ろからみたところ

ラバーバンドガン



タイトル画像

リボルバー

2006.05.19(22:00) 108

リボルバー

今晩までに大体の組み立てが
出来ましたが、機構はサムの専売回転式ですので、
時間がかかります、
シンプルタイプならもうできているのですが、
なかなかです。
とりあえず、雰囲気でも、、、、、、、。
リボルバー


全長 280㎜ 高さ120ミリ
さて、重さは???

ラバーバンドガン



タイトル画像

リボルバー

2006.05.17(12:00) 106

しばらくリボルバーを作っていませんので、
サムのリボルバーを再開します。
材料取りの一部ですが
こんな感じのものです。

リボルバー


パーツ 銃身 エジェクター フレーム×2 弾倉 ガイド
    グリップ×3 トリーガーガード
まだ、部品が足りません つくらねば、、、、ということで!!

ラバーバンドガン



タイトル画像

お花とからくり銃

2006.05.16(22:15) 107

お花とからくり銃

つつじとゴム銃


花と銃が合うか?どうでしようか?

ラバーバンドガン



タイトル画像

第二弾!

2006.05.15(19:10) 105

第二弾

完成しました。今回のこの銃の変身
四翼の回転翼のゴム銃です。6連発は十分作動します。
銃身も長い方に付け替え全長365ミリに変身しました。
重さ510g(ずっしりときます!)

第二弾連発銃


仕組み(たねあかし)はこの様になつてます、
新銃分解パーツ


単発パーツ連発パーツを希望に合わせて
どちらか取り付けます。

こういうカラクリ銃は見たことないかも?
おまけに、唐草彫刻をすこしだけつけてみました。

ラバーバンドガン



タイトル画像

お待たせしました!

2006.05.11(23:00) 104

第一弾のUP

銃身木製グリップも取り付けました。

横から第一弾


全長335ミリ(銃身135ミリ)高さ140ミリ 重さ490グラム
機構はシンプルイズベストです。
銃身の先からフックまで250ミリです、
今日はとりあえずはここまでです。

銃身からみますと
上から第一弾


ホールドグループが良く分かると思います。
2mmのスリット加工でゴムかけは、ワンタッチです。

ラバーバンドガン



タイトル画像

次のゴム銃です!

2006.05.09(21:30) 103

次のものはオールアルミ銃です!
重さ400グラムですのでおもたいです。
まだ、機構に迷いが、あり思案中です、???
銃身は延長しますが、先からフックまで280~250ミリ位で?

オールアルミ銃

画像ではこんな形です。
さてどんな風に仕上がるでしょうか?

ラバーバンドガン



タイトル画像

発光ダイオード射的

2006.05.08(18:55) 102

発光ダイオード射的
ダボ爺さんとHTIおじさんのリクエストです。

説明 白丸が的です(40mm)ぶらさげ可動式で、的にゴムが当ると
スイッチが入りダイオードが光ります。

ダイオード発光式射的


筐体はアルミを使いましたが木製で十分でしょう。
このダイオードはランプ付ライターについてました、一〇〇均のもの
ボタン電池が3つついているものです、
外すだけでスイッチ付でしたので的のうしろにつけただけです。
まことにかんたんです。ご参考に!!!

今の所この画像だけですが、ご希望あれば
拡大して見ても良いですが?
仕組みの画像

射的の仕組み

ラバーバンドガン



タイトル画像

連休は遊んで!

2006.05.07(21:00) 101

連休があつたですが、色々と都合があり
二丁のUPで終わりました。

ゴム銃の今度は?ということになりますが、
もう少し射的の研究しながら、

もとの、スタイルでサム特有の形のもので
当分やっていこうと思います。
仕掛の消化もあります。マスコットリボルバー

ラバーバンドガン



タイトル画像

射的銃NO.3

2006.05.04(22:33) 100

射的銃NO.3が出来ました
こちらはスライドのピン方式にしました。
今、集弾性についてやってますが
銃身の先からピンまで320ミリで実験してます。
2メータ位なら良く当たります
明日でもこのところに画像UPしましょう

射的銃NO.3
景品タイマー


上からみたところ
MY工房(とら箱)


射的精度
アクリルNO,3 射的

ということになりました。
仕様 全長 350mm 高さ140mm 重さ250g
材料 アクリル 8mmと5mm

ラバーバンドガン



タイトル画像

射的銃NO.2の銃身の移動

2006.05.03(15:00) 99

この銃の特徴
この銃の特徴の銃身移動と
銃身先端の変更ができます。

この画像は銃身を30ミリ長くしました。
射的銃NO.2の320㎜

先端からフックまでが320ミリとなります。

銃身先端の変更
銃身を反転させ丸3ミリ厚から角2ミリに変更しました。
NO.2先端2ミリ×290ミリ


その時の射的
NO.2的の試射(2ミリ)

という結果となりますが、まだ色々と検討と実験が必要です。

ラバーバンドガン



タイトル画像

射的銃NO.2

2006.05.03(12:00) 98

射的銃NO.2
完成しました、今回も射的専用です。
全体は透明アクリルで8ミリ厚の材料で簡単スライド方式です

射的銃NO.2


上からみたところです、先端の加工は丸にスリットで3ミリです。
射的銃NO.2上から


2メータからの集弾性
射的銃の3ミリ×290ミリ


データ アクリル製 8ミリ 全長 最大380ミリ最小320ミリ 高さ 140ミリ 重さ 280グラム
主な特徴は銃身移動3か所銃身の先端が2方式変更可能です

ラバーバンドガン



タイトル画像

ドコモダケを又作りました

2006.05.02(13:10) 97

また、ドコモダケ作りました
こんどは、ムスメ、ハハ、ショウガクドコモダケも追加し
レパートリも増えてます。
11個つくりましたが、もう2個もらわれていきました、
残りも予約です、ドコモダケは人気者です。

ドコモダケフアミリー

ラバーバンドガン



2006年05月
  1. 真鍮ゴム銃(05/28)
  2. 次は黄金色の射的銃(05/25)
  3. リボルバー(05/24)
  4. リボルバー(05/19)
  5. リボルバー(05/17)
  6. お花とからくり銃(05/16)
  7. 第二弾!(05/15)
  8. お待たせしました!(05/11)
  9. 次のゴム銃です!(05/09)
  10. 発光ダイオード射的(05/08)
  11. 連休は遊んで!(05/07)
  12. 射的銃NO.3(05/04)
  13. 射的銃NO.2の銃身の移動(05/03)
  14. 射的銃NO.2(05/03)
  15. ドコモダケを又作りました(05/02)