タイトル画像

丹生水銀

2012.06.12(21:27) 406

 伊勢の丹生水銀
丹生水銀は古代より知られていたそうです。
東大寺の大仏のメッキに使われた量は2トン
それを、丹生の山から堀りだしたそうです。
丹生の山にはおおくの水銀鉱跡があるそうです。
 そこで丹生の山の中へ入りましたが、
丹生の山の中

けっこう森深く坂もあり鳥の声が聞こえてなかなかの自然です。
丹生山中

 水銀鉱6
山を登っていくとこのように水銀鉱がありました。
丹生水銀鉱1
もうすこし登ると、トンネルがあります
  水銀鉱跡


残念ですが、鉄格子で中にははいれません
人がやっと入れる位の穴ですが、
 水銀鉱5
 看板に説明がありました、左の穴は古代に掘った穴、右は昭和30年に掘った穴だそうです。
古代に掘った穴の隣に新しい坑道を張ったんですね。
 水銀鉱4
 少し離れた山間に水銀を精錬するところがありました。
  水銀釜
  水銀釜2


釜で溶かすのでしょうね。
 水銀鉱3
 水銀鉱2
 ここで古代から現代まで水銀を精錬して、いたなんて
 水銀鉱1
 人間(失礼!!)はすごいですね。

 
スポンサーサイト

ラバーバンドガン



タイトル画像

丹生大師

2012.06.12(19:27) 405

 丹生大師 
丹生山 神宮寺
女人高野 丹生大師
   千早振る
    神のお寺と
     聞くからは
   後の世までも
    頼母しき神 
 
 多気町丹生へいきました
 niutaisi1 山門2

山門も立派です。
 niutaisi2 本堂

 niutaisi3 丹生大師
 丹生大師の池
草創の歴史は宝亀五年(774年)弘法大師の師匠である勤掻大徳さんが開山されたそうです。
この地は丹生水銀の産地で、富裕であつたそうです。

ラバーバンドガン



2012年06月
  1. 丹生水銀(06/12)
  2. 丹生大師(06/12)