タイトル画像

隠れ家 風

2013.06.30(17:28) 630

 ダイニング カフェ かくれ家 風
 久々に玉城町のカフェへ
 fuu06
 fuu01 fuu02 fu05 fuu07
 雰囲気が、いいんだね
 fuu08 fuu08
 食事とコーヒー




スポンサーサイト

ラバーバンドガン



タイトル画像

ひまわりと一緒に

2013.06.30(16:14) 629

 ひまわり(向日葵)と
 もう向日葵が咲いてます。
 hima02
 強烈なひまわりのイエローに、蜜蜂が蜜をすってますね。
 hima03 IMG_0666.jpg hima05 hima09
 hima10
 やはり蜜蜂とひまわりそしてフイギュアとなりますか??

ラバーバンドガン



タイトル画像

松阪東山古墳

2013.06.30(09:00) 628

 松阪の東山古墳
 松阪の中部台公園には古墳群がありますが、皆さん公園を利用されているのに
 意外と知らない人が多いのです。
 でも、公園のアスレチック広場入り口の森の中に、
 表示板がありますよ。
hig01

 さて、本当は今日は、表示板があるとは知らず、松阪の考古という本だけで
 確認に来ましたのでこの小山の裏のお墓のあたりから、調べていきます。
 お墓の上の竹林の中へ入ります、
 hig02 hig03 hig04 hig06
 hig08
 どうも、この山のふくらみと掘ったような、穴のあとと石柱があつたので
 確信しました。この位置は4号墳でしょうね。竹やぶのなかを、くだると
 もっとあるはずですが、竹やぶが深いですので
 ここからは、アスレチックの運動場へ、こちらも6個の古墳があるそうです。
 hig08 hig09 hig10 hig11
 hig13 こちらは国土地理院の石柱
 小山(古墳)の上には石柱か、石が置いてありますね。
 結構わかりますが、個々には説明はありません。
 ということで、東山古墳の半分は見学できますね。
 ここは、運動施設の横の小山が古墳ですので、

 お子様とくれば、運動しながら、古代ロマン
 語れる、すばらしい場所ではないでしょうか? 
 

ラバーバンドガン



タイトル画像

絵つき花瓶

2013.06.29(11:43) 627

 絵つき花瓶
 富士山が世界遺産登録ということで、一面の絵を
 裏はフアニィの絵を書いてみました。
 kabi03 富士山 kabi02
 こちらはラブハンター フアニィです。
 

ラバーバンドガン



タイトル画像

花瓶を二つ

2013.06.29(10:28) 626

 こちらの花瓶は個性的
 この花瓶はたまたま、かくれ家 風にて
 みて、気にいりましたね。
 それを参考につくります。
 kabin01
 現物とは、違いますが、そのイメージの感じで、焼き上げますね。

ラバーバンドガン



タイトル画像

お地蔵さん

2013.06.29(10:20) 625

 お地蔵さんも
 お地蔵も造りますが、
 zizou02
 顔が、難しいです、
 かわいいのと、まじめな顔は
 どちらが、いいのでしょうね?

ラバーバンドガン



タイトル画像

久々の花瓶を

2013.06.29(10:07) 624

 久々に花瓶をつくってます
 アルミ缶の再生の花瓶を
 kabi01
 最近の作ですが、
 絵付けが2点、そのままのもの1点です、いつできるかな?

ラバーバンドガン



タイトル画像

きぁ~びっくり!!

2013.06.29(10:00) 623

 きゃ~びっくり !  
 フアニィが山をゆたかで歩いていると、
 fua01
 驚きの悲鳴が、、、、、、、、、。

ラバーバンドガン



タイトル画像

まだ、ありましたね。

2013.06.29(08:44) 622

 まだ、ありましたね、わらび? 
 もう6月も終わりですが、
 また、はえてきました、なぜ?でしょうか?
 wara01
 wara02


ラバーバンドガン



タイトル画像

花とフイギュア

2013.06.29(08:31) 621

 花とフイギュア
 hana01

 hana02 hana03 hana04



ラバーバンドガン



タイトル画像

はにわ

2013.06.29(08:20) 620

 はにわ
 はにわをつくってみました
 もちろん、オーブンねんどでミニはにわですが、
 haniwa01
 船型、家型、馬型、楯方、その他を
 作ってみました、今は乾燥していますが、
 1週めどで、オーブンで焼きます、
 説明書では170度で1時間焼けばokですね。
 もう少し乾燥してから実施です。

ラバーバンドガン



タイトル画像

はにわを作ろう

2013.06.27(07:55) 619

 はにわ(埴輪)を作ろう
 松阪では古墳のはにわが、紹介されていますが、
 今回は作りましょう。
 材料のオーブン粘土は、名古屋で購入しました。
haniwa01 ねんど二種です
 さて、作る埴輪は
  haniwa02 haniwa03
 もちろん、宝塚古墳のはにわです。
 haniwa04 haniwa05
 さあ、どうなるか、、、、楽しみです。


ラバーバンドガン



タイトル画像

びわとフイギュア

2013.06.27(00:02) 618

 びわとフイギュア
 biwa02
 biwa01

ラバーバンドガン



タイトル画像

松阪の古墳Ⅱ

2013.06.26(22:38) 617

 西野乃広古墳群
 この古墳は地図では、権現山古墳の隣の隣ですが、
 nisi01 このあたりです nisi03 nisi02
 nisi05どうもこの木の間の小山らしいね。
 この山へ、登るのですが、竹林です。
 nisi06 nisi07
 おやおや、道がありますね、
 nisi09
 nisi10 この辺が一番上ですので nisi11 竹林ですが、形は古墳?
 それもこの形からめずらしい前方後円墳に違いありませんね。
 成果ありですね。
 この周りに何かないか調べます。
 あれ、、、、。これは!!! nisi12
 穴です古墳の石櫃ですね!! nisi14 nisi15 nisi15
 完全に盗掘の跡でしょうね。
 nisi17 nisi18
 一応近くには鉄の囲いがありますが、長い間ほったらかしでしょうね。

 とうとう、ここでも、古墳を見つけることが出来ましたね。よかった!!。
 でも、ここは、なんの表示もないので、一般の人には開放はされていませんね。
 やはり、近くの小山に古墳や、
 古代からの、人の営みがありますことが、わかります。
 古代のロマンが、、、、、、、、、、、。
 ちなみにここは三重高と松阪カントリーとの間です。
 

ラバーバンドガン



タイトル画像

松阪の古墳

2013.06.26(20:26) 616

 松阪の古墳は一杯ありますが
 市内の中で皆さんが、行かない隠れた
 古墳を探検してみてみましょう。
 今日は、三重高等学校の近くの小山から
 権現山古墳群の中で1号墳を、
 この小山は、すごい竹林ですが、入り口は車もはいりそうです
 人が、そこそこは手入れされて、道はありますが、ず~と見て周り
 ましたが、あちこちに竹の垣根で侵入禁止されてます。
 ken02
 ということで、入り口近くは、山へ侵入禁止はありませんので、
 登ります、地図では、1号墳の位置です。
 ken04 ken05 ken06
 結構急坂ですね、どんどんあがると竹林ですので方向が?人が来ることないんだね。
 ken07 あら頂上あたりに大きな木が、ありますね。
 そこに小さなお社が、やはり古墳のあとで間違いないでしょうね。
 ken08
 やはり、そうでしょうね、とうとう見つけました。やった!!

 帰りは迷いながら、帰りました、小さな小山でも竹やぶの
 怖さがあるんですね
 

ラバーバンドガン



タイトル画像

フイギュアを2点

2013.06.20(21:04) 615

 フイギュアをつくる
 オーブン粘土でつくったフイギュア2体ですが、
 白に近い色で服を、和服調のものと洋服パンツ調で2種類アレンジしました。
 和服と洋服 
 fui01
 これで、まず、松阪もめんの和服です。
 着物の裁縫は今回初めて経験しました、大変でしたね。
 fui02
 こちらは、パンツルックですが、
 fui03
 まあ、まあの出来かな?。  

  

ラバーバンドガン



タイトル画像

不動堂、不動滝とフイギュア

2013.06.19(16:33) 614

 阪内不動堂と不動滝
 fudou01
 不動堂への入り口です。 
 fudou02 こちらは不動滝
 こちらはフイギュアですよ 
fudou03 白ミク fudou04 千本桜ミク

 fudou05 フアニィと滝 fudou07 赤着物のフアニィ
 
 fudou11 fudou13 fudou15 fudou17

 fudou19 fudou16 fudou18
 自然とフイギュアはいいね。

ラバーバンドガン



タイトル画像

阪内町の自然とフイギュア

2013.06.19(15:55) 613

 自然とフイギュアⅡ 
 saka03
 山がとてもきれいです。白ミク
 saka01 saka02 saka04 saka05

 saka07 saka08 saka09 saka10
 きれいだし、お花もいいし
 気分がいいね。






ラバーバンドガン



タイトル画像

自然とフイギュア

2013.06.19(15:09) 612

 フイギュアと自然
 uki01
 後ろの山が柚原城
 uki02 uki03
uki05 uki06
 うきのさとで

ラバーバンドガン



タイトル画像

松阪の柚原城蹟

2013.06.19(11:13) 611

 柚原城跡
 松阪の西側に宇気の里だありますが、昔、お城ありました。
 今日は天気もいいので、行ってみよう、と思います。
 道は、結構登りは急斜面ですね、下りになると、なだらかに
 ここが、うきさと村の、おやすみ処ですが、
 yuhara01 yuhara02
 さて、お城の跡の調査です、丁度、おじさんがお茶の木の
 手入れされてますので、お聞きしました、
 目の前の山が、めざすお城だそうですが、
 yunohara04 この左上あたりが天守
 なかなか、一人で登るのは無理だそうです、
 yuhara03
 周辺をみてみましたが、簡単な道は不明です。
 先日、老人が山登山で3日帰れなかったこともあり
 慎重にならざるをえないでしょうね。
 でも、今回の訪問でお城の位置も、はっきり判ったので
 よかったと思います。
 
 あとは、せっかく来たので景色と遊んでみましょうね。 

ラバーバンドガン



タイトル画像

着物

2013.06.11(07:40) 610

 着物は色々なんだね
 ti01
 猫の着物というのは、ありえないでしょ、だから、あえて千万両猫を4箇所いれましたね。
 この着物バージョンは、縁起がいいかもね、宝くじ当たる??
 
 ti02  フアニィは青い生地に3色のお花です、先回の着物と配色がかわりましたね。

 こちらも、前の千本桜ミクの着物を千万両桜猫に!!
 ti03 ti04 着物を変えるだけで
 千万両桜ミクになりましたね。
 本当に宝くじが当たるといいんですが、、、、、、。

ラバーバンドガン



タイトル画像

フイギュアで遊ぶ

2013.06.10(22:07) 609

 フイギュアで歴史と自然で遊ぶ
 yama27
 兼高大明神とフイギュア
 yama28 竹と千本桜ミク yama26 山神 yama25
 yama21 yama20 yama22 yama23
 yama24 山室城蹟 天守にて

ラバーバンドガン



タイトル画像

山室城蹟Ⅱ

2013.06.10(20:37) 608

 松阪の山室城蹟Ⅱ 
 松阪の山室城の跡は先回、地元の人の話から
 道路の横のちいさな所とおそわりましたが、
 この地には山もあり、私の冒険心はそれでは、おさまりません。
 で、yama17もう一度、先回いただいた20年前の松阪の地図と 
 現在のインターネットの航空地図で見ると、どうも位置が
 違うので、現地で調査いたしましたよ。
 yama16 どうもこの真ん中らしい、 yama01 この山がお城??
 山あいの田んぼに、おじさんがおられ、お城の事をおたずねしましたら、
 「ああ~、この山の裏の家できいたら、わかるよ」とのこと
 裏の家は、前から気になっていました、なぜって、、、川の向こうに
 山側に家があり古い石垣でかこまれて、
 古い家の部分と新しい家が一軒にみえたので、近くの家々と違いがあったからです。
 yama21 yama23 yama24 切り立った山手前の堀 yama25

 yama27 この門もなかなかのものですね。
 
 この家を伺いました。家から3人でてみえて、お城をたずねると
 前の山にまちがいないそうです、やった!!!
 登る許可をいただき登ります。
 yama02 ここが登り口です。右へ上がるそうです。
 この道は、急坂ですね、しかし道はわかるように草は刈ってあります。
 yama03 yama04 yama06 yama07
 すこし道が谷側へ傾いているから、気をつけないと、すべって落ちるかも、
 yama09 おう、ここだな、山のてっぺんです、向こうに石が見える。やったー。

 yama10 yama11 yama15 yama16
 やった、ここが天守でしょう。文字を書いた石が3つあり
 大木は3本あり、小さな木や竹の林や竹の子もありますね。
 とうとう、山室城蹟ものぼることが、出来ました
 感慨深いものが、ひしひしと、、、、、、。
 ここでおにぎりとお茶にしましたが、おいしいのが、ひとしおです。
 納得いくまで、あれこれと見ましたが、木々と竹が被い茂り眺めは
 今一ですね。
 さて、帰るのですが、丁度いい杖位の木の枝が落ちていますので
 杖がわりに、少し急な坂ですので、とてもいいですね。
 山を降りますと、「コケコッコー」とこの家のにわとりが鳴いて
 歓迎してくれましたよ。===昼なんですけど===

ラバーバンドガン



タイトル画像

古墳でフイギュア

2013.06.09(15:46) 607

 古墳の自然とフイギュア
 宝塚4号墳付近からのながめとフイギュア
 ko01 ko02 ko03
 ko05  ko04
 こちらは、1号墳から4号墳を望む位置は鉄塔の横です。
 ko06
 すこし、遠いようですが、、、、。

ラバーバンドガン



タイトル画像

フイギュアと花

2013.06.09(15:01) 606

浅掘木でフイギュアと花
 asa20
 asa23
 as23 asa26 asa26 asa27
 asa28 asa30 asa37 asa38
 びわもあったりして、楽しく遊びました。
 asa37 額つき紫陽花

ラバーバンドガン



タイトル画像

浅掘木城跡Ⅱ

2013.06.09(13:22) 605

 浅掘木城跡の再調査
 先回、浅堀木城跡の位置の山や場所を特定いたしましたが、
 城の跡の確認まではしませんでしたので、今日はもう少し
 調査を実施いたしました。
 asa01 浅堀木の山 asa02 左浅堀着右上川公園
 この小山の周辺には大きな山はありませんし、市内を一望出来る
 メリットがあります。さて、登りましょう。
 asa05 asa04 asa03
 もうすこしで森へ
 asa09 asa08
 ああ、ここだ!! 草木がなければ、平地で、裏は下りです。
 asa10 ここが間違いなく、浅掘木城の天守の跡でしょうね。
 とうとう、浅掘木城もきました。
 ながめ  asa15  目前にはJRが走ってます。 asa16 

ラバーバンドガン



タイトル画像

フイギュアと自然

2013.06.09(10:30) 604

 新作フイギュアで遊ぶ
 新作フイギュアができましたので
 紫陽花(あじさい)がいいシーズンですので、遊びました。
 あじさいとフアニィ
 ag06
 agi01 agi02 agi04
 お花はいいですね。
 agi05
 撮影場所 宝塚古墳

ラバーバンドガン



タイトル画像

宝塚4号古墳

2013.06.08(11:30) 603

 宝塚古墳群
 松阪市小黒田町こげ山、土山、茶園川には
 古墳群が1~13号ありましたが、1~4号を残して
 長い間に開発され、消失してありません。
 1,2,3号墳はそばにありますが、
 4号墳の位置、と現状を調査しました、
 地図では1号墳から、東方向ですので、
 探しますと、町の中に小山が3か所あり、この3か所を
 くまなく、調べました、山ですのでころんで、痛かったよ~。
 taka15 こちらはみつばちの巣がおいてありましたが、古墳ではないようです。
 こちらも、古墳の雰囲気ではないようです。
 taka11 taka14 taka12 
 この2か所はどちらも、南側は絶壁で登れません。
 という結果から、間違いなく
 4号墳は山室小学校裏の小山にありました。
 takaraz01 takaraz02
 少し小山のようになってます、
 高いので宝塚1号古墳がよく見えます。
 4号墳から
 takaraz03
 向こうの木が立っているところが、1号墳です。
 今回は本当の町の中の、小山の冒険ですが、
 たのしいですね。

ラバーバンドガン



タイトル画像

着物を着たフイギュアを作る

2013.06.08(08:04) 602

 着物を着たフイギュアオーブン粘土で作りましょう
 先回から、着物バージョンがお気に入りですので着物で
 kimo02
  フイギュアをオーブン粘土でつくるのですが、
 必要な材料は
 1、細い針金 骨格を作り強くなります。
 2、オーブン粘土 肌部分に使います。
 3、グルーステックとグルーガンで髪の毛(ブラウン、ピンク)と身体(白)をつくります。
 4、のり付き生き地シートぎれ、ちりめん風はぎれで 着物を着せます。
 まずはじめに
 kimo04
 針金で骨格をつくり、
 オーブン粘土で肌色を作り、肌の部分を(顔や手、腕、足)をつけます。
 kimo05
 グルーガンで身体部分をグルーステック(白)肌着のつもり
 で、全身貼り付け(溶かし付けますが、コップに水入れ、竹の串で加工します)
 kimo08
 こちらは石粉粘土加工の場合
 kimo07
 顔と手をオーブン粘土で付け、(もちろんオーブン処理が必要)頭のヘアーもグルーガンで
 kimp09
 そして、白ちりめん布で下着を着せて、
 本格的に和服をきせます。
 kimo01 kimo03
 できましたね、さてさて、この子たちは、
 今後、活躍してくれますよ。

ラバーバンドガン



2013年06月
  1. 隠れ家 風(06/30)
  2. ひまわりと一緒に(06/30)
  3. 松阪東山古墳(06/30)
  4. 絵つき花瓶(06/29)
  5. 花瓶を二つ(06/29)
  6. お地蔵さん(06/29)
  7. 久々の花瓶を(06/29)
  8. きぁ~びっくり!!(06/29)
  9. まだ、ありましたね。(06/29)
  10. 花とフイギュア(06/29)
  11. はにわ(06/29)
  12. はにわを作ろう(06/27)
  13. びわとフイギュア(06/27)
  14. 松阪の古墳Ⅱ(06/26)
  15. 松阪の古墳(06/26)
  16. フイギュアを2点(06/20)
  17. 不動堂、不動滝とフイギュア(06/19)
  18. 阪内町の自然とフイギュア(06/19)
  19. 自然とフイギュア(06/19)
  20. 松阪の柚原城蹟(06/19)
  21. 着物(06/11)
  22. フイギュアで遊ぶ(06/10)
  23. 山室城蹟Ⅱ(06/10)
  24. 古墳でフイギュア(06/09)
  25. フイギュアと花(06/09)
  26. 浅掘木城跡Ⅱ(06/09)
  27. フイギュアと自然(06/09)
  28. 宝塚4号古墳(06/08)
  29. 着物を着たフイギュアを作る(06/08)