タイトル画像

松阪の丹生寺

2013.12.31(16:40) 854

 丹生寺廃寺の遺品
 お寺の散策で、近所の方にお会い
 お寺の遺品をみせて頂ました。
 niu13
 瓦ですが、模様で
 丸のものは複台八葉軒丸瓦というほんものです。
スポンサーサイト

ラバーバンドガン



タイトル画像

松阪の丹生寺廃寺

2013.12.31(16:27) 853

 松阪の丹生寺廃寺
 今日の山歩きは白鳳時代から奈良時代、平安時代まで
 存続したとされる丹生寺の跡を調べましょう。
 niu01
 すごいな、石がきが
 niu02
 niu03
 たしかに枯れ草に覆われていますが、
 石がずーとしきしめられていますよ、お城の跡くらいあります、
 niu04
 niu05
 niu07
 ここは池の跡です。
 niu06 
 池を右へいくと上のように石が、あちらこちらにありますね。
 この広い森が、お寺だったと、、、、、。
 ここにじーつとしていると、
 古人の法師がいるような、、、、、、。
 今は昔です。

ラバーバンドガン



タイトル画像

松阪の奥古墳

2013.12.31(15:32) 852

 松阪の奥古墳
 園古墳と丹生寺廃寺の間にあるはずの横穴式石室の
 奥古墳を調べあるきましたが、
 地図をみながら、田んぼの区画を、衛星写真で確認すると
 残念ながら、
 oku01
 この森もみてみましたが、ありません。
 どうも、この家の裏か、消滅したようですね。

ラバーバンドガン



タイトル画像

天狗の葉っぱ

2013.12.31(15:16) 851

 天狗の葉っぱ
 山歩きでは色々町でみないものをみつけますが
 天狗の葉っぱ?
 hat01
 初音ミク(雪)
 hat02
 フアニィ和服
 hat04
 木のはで遊びました。

ラバーバンドガン



タイトル画像

園古墳

2013.12.31(15:03) 850

 松阪の園古墳
 松阪の松尾地区には古墳の宝庫ですが
 今日はまた知られていない古墳へ行きました。
 園古墳ですが、まったく話題にあがりませんが、1~8基の
 古墳があるそうです。
 sono11
 sono13 sono14
 石室があるのが、2基もあるそうですが、
 sono12
 この小山が園古墳ですが、今から登ります、ヨイショ。
 秋ですと、下草と落ち葉が、枯れているので、思ったよりも
 動くことができますね。
 sono07
 小山がありますね、これかも、、、。
 sono08
 ここも、そうでしょうね、
 sono06
 あらあら、決定的に石室が、
 sono01
 これなら、中も見えそうですね。
 sono02
 sono04
 間違いないでしょうね。
 ただ、ひとつひとつは確認できませんので、
 今日の古墳探訪の山歩きは大成功です。
 古代の人も応援してくれているんでしょうね。 

ラバーバンドガン



タイトル画像

山歩きで

2013.12.31(14:07) 849

 山歩きで
 松阪の西野町の山口へ山歩きです。
 今日も遠くまでみえます。
 nisi01
 むこうは海です。
 nisi02
 堀坂山です。
 nisi03
 nisi04
 nisi05
 ということで、山で遊びました。

ラバーバンドガン



タイトル画像

古墳の石室

2013.12.25(16:16) 848

 古墳の石室
 すご古墳の帰り前の辰ヶ鼻古墳の
 石室をもう一回みてきました。
 seki01
 seki02
 seki03
 やはりすごいね。
 seki04
 こちらは2号墳
 seki05
 2号墳よりのながめ。

ラバーバンドガン



タイトル画像

松阪のすご古墳

2013.12.25(16:03) 847

 松阪のすご古墳
 先日は隣の辰ヶ鼻古墳へいき石室をみつけましたが、
 すご古墳を見てみようと思います。
 丘の道のない急な坂を登ります、
 sugo02
 雰囲気が古墳ですね、この古墳では円墳が3基あるそうです。
 sugo03
 sugo05
 あら、やはり山の上なのに、石が
 sugo04
 sugo06
 もちろん、これは石室ですね、落ち葉に包まれていますが、
 掘れば、間違いありません。
 sugo07
 こちらにも、ありそうです。
 sugo09
 sugo10
 ここにも、、、、。
 だれも、この古墳を見に来ませんが、1500年前人類が
 ここで、亡き人を大事にうやまい、ほうむったのですね、
 古代のロマンが、、、、、、、、。

ラバーバンドガン



タイトル画像

葉牡丹

2013.12.25(15:30) 846

 葉牡丹を
 この冬に葉牡丹で
 ha01
 植え込みをして大きくなればいいですね。

ラバーバンドガン



タイトル画像

ディーズニイ花瓶

2013.12.24(07:30) 845

 ディーズニィの花瓶
 to02
 ステッチ
 to01
 テンカーベル

ラバーバンドガン



タイトル画像

鳥さん花瓶

2013.12.24(07:23) 844

 鳥さん花瓶
 鳥さんの天然木の花瓶の続編
 ten04
 この花瓶が
 tori11
 tori10
 このようになりました、鳥さんも飛び立つでしょう。

ラバーバンドガン



タイトル画像

自家製のあられ

2013.12.24(07:13) 843

 自家製のあられと花瓶
 この松阪ではあられを家でつくる習慣があり
 いつも、いただきます。
 ara01
 これが、あられで色とりどりできれいです。
 花瓶は「辛いという字を
      一つのりこえると
       幸せという字になる
        人生これから 」
 ara02
 ということで、お礼に一つ花瓶をあげましょうね。

ラバーバンドガン



タイトル画像

クリスマスの寒桜Ⅱ

2013.12.24(06:58) 842

 クリスマスの寒桜Ⅱ  
 天啓の里にもたしか寒桜がありましので、行ってみました。
 yuki01
 ありました、雪ミクちゃんもびっくり
 yuki02

 yuki03

 yuki04
 フアニィも

ラバーバンドガン



タイトル画像

クリスマスの寒桜

2013.12.24(06:47) 841

 クリスマスの寒桜
 今日、12月23日多気町のクリスタルの森へ
 そこで、まだ咲いている寒桜をみつけたんです。
 たしか、先月に寒桜のお知らせをしましたが、
 クリスマスに桜ですよ!!
 sakur01
 クリスマスに桜だなんて
 sakur02
 サンタ帽で
 sakur03
 フアニィもびっくり
 sakur04
 おもわず、カメラのシャツターをきりました。

ラバーバンドガン



タイトル画像

雪だるまのサンタ?

2013.12.24(06:33) 840

 雪だるまの季節です
 雪だるまをつくりますが、、、。
 yuki02
 いつものようにアルミ缶で作ります。
 yuki01
 このようになりました、灯かりを持って、鈴を鳴らして
 クリスマスを祝います。

ラバーバンドガン



タイトル画像

雪だるまのサンタ? 

2013.12.21(23:50) 839

 雪だるまのサンタ? 
 yu01
 この雪だるまは、知人が作ってみせてくれました。
 和紙で、わたしのイメージだそうです。
 ありがとう!!。

ラバーバンドガン



タイトル画像

フイギュアのサンタ

2013.12.21(23:44) 838

 サンタクロース? 
 ku04
 ku05

ラバーバンドガン



タイトル画像

クリスマス

2013.12.21(23:41) 837

 クリスマス
 クリスマスです
 ku01
 ろうそくとランプの色がかわります
 ku02
 暗くなると
 ku03
 大きいサンタに小さいのが2人と初音ミクサンタです。

ラバーバンドガン



タイトル画像

金の阿弥陀如来と地蔵様

2013.12.21(15:44) 836

 阿弥陀如来と地蔵様
 こちらは阿弥陀如来様です。
 nixyo01
 金のメッキ品を貼り付けました。
 地蔵様です。
 zozo01
 このようにつくると、花立花瓶には、もつたいないかも、、、、、。

ラバーバンドガン



タイトル画像

金のフイギュア

2013.12.20(21:23) 835

 金で飾った服を着る
 fu01
 先回アルミの服をきせましたが、
 kin01
 金、(もちろん金メッキ品)ですが全身貼り付けて、
 金グリッターもつけてみました、
 フイギュアもびっくりですね。
 kin02
 もちろん、わたしのキャラのフアニィです。

ラバーバンドガン



タイトル画像

樹下雅楽の花瓶

2013.12.20(21:03) 834

 樹下で雅楽を演奏
 木の下で笛、つつみ、和太鼓、琵琶を演奏してる絵で
 花瓶を作りました。
 ki01
 ki02
 この作品のように、陽気に楽しくいきたいね。

ラバーバンドガン



タイトル画像

鳥の花瓶

2013.12.19(07:22) 833

 天然木の鳥の花瓶
 先のページで残った鳥の天然木は
 ten04
 ten06
 こんな感じでつくってます、
 2面で取り付けを楽しめていいかも。完成がたのしみです。
 、これらの天然の木を運良く、みつけたのは、幸運ですから、
 見ていただく人も幸運が届きますように
、、、。

ラバーバンドガン



タイトル画像

天然木の動物花瓶

2013.12.19(07:10) 832

 天然木の動物花瓶
 山歩きでは色んな木のコブがあつたり
 色々な動物にあつたリしますが、
 うさぎ、さる、いたち、鳥たち、いのししも、、、、。
 今回は自然の木の鳥、くじら、、、、、、など
 みつけたので、花瓶に挑戦です。
 ten01
 この画像に何が?そう天然で鳥さんと以外にもくじらがいたんです。
 下の木のコブは羽ばたとうとする鳥になります。
 ten02
 右のは
 ten03
 注目のくじらさんは
 ten05
 よくみなければ、、、、、、。
 woe01
 この画像をみたら、すこしらしく、、、、、、、。

ラバーバンドガン



タイトル画像

古墳で

2013.12.17(10:18) 831

 いつもの宝塚で
 yama08
 yama09
 yama06

ラバーバンドガン



タイトル画像

山歩き

2013.12.17(10:14) 830

 山歩き 
 yama02
 中万大谷古墳の山歩きで
 山の池で遊びます。
 yama01
 yama03
 yama05
 やはり秋ですすすきとか。

ラバーバンドガン



タイトル画像

松阪の辰ヶ鼻古墳

2013.12.14(15:14) 829

 辰ヶ鼻古墳
 tatu01
 ここが辰ヶ鼻古墳の小山です。田んぼの中の橋を渡ると
 以外にもこの山にはわかりやすい山道がありました。
 tatu02 この山の道は鉄塔へtatu03
 鉄塔からのながめ、もしかすると鉄塔の下に古墳があるかも、、、。
 と思いながら、すこし下ると小山が少し登ると
 tatu04
 なにか、あやしい雰囲気が
 tatu05
 草をかきわけると、石室が、!!
 今まで、松阪で古墳を見て回ってこんなことは、はじめての経験です。
 tatu06
 中はきれいですね。1500年前頃ここに埋葬された古人は、、、、、。
 石室の大きさは1畳よりすこし大きいくらいです。
 tatu09
 こちらがうらの穴です。
 奥のほうにももう一つ古墳がありそうです、
 石が散らばっていますので、山の上ですから間違いはないでしょうね。
tatu07
 今日ほど、感激したのは二度目ですが、
 有名でない古墳の石室をみたのは、うれしいものですね。
 この前の山にもすご古墳群がありますが、
 sugo01
 この山もいつか探検したいです。

ラバーバンドガン



タイトル画像

尾だけ古墳

2013.12.14(14:29) 828

 尾だけ古墳群
 odake03
 右側の森が尾だけ古墳群ですが
 7つの古墳があり、30メ-トルから15メートルの大きさです。
 しかし、なかなか特定がむずかしいかな/
 odake10
 odake11
 odake12
 odake14
 odake15
 

ラバーバンドガン



タイトル画像

金の栗と扇子

2013.12.14(13:50) 827

 金の栗と扇子
 kuri01
 sensu02

 金といっても金のメッキ品(メッキは本物)の貼り付けで
 目的の物の形をえがきました、
 
 これで、もうすこし色々なメツキ品を貼り付けて、
 塗装します、この花瓶の完成がたのしみですね。

ラバーバンドガン



タイトル画像

アルミのフイギュア

2013.12.13(14:33) 826

 アルミの服のフイギュア
 fu01
 フアニィの
 アルミの服をつくりました。

ラバーバンドガン



タイトル画像

いなかの列車

2013.12.13(14:28) 825

 いなかの列車
 jr01
 jr02
 jr03

ラバーバンドガン



2013年12月
  1. 松阪の丹生寺(12/31)
  2. 松阪の丹生寺廃寺(12/31)
  3. 松阪の奥古墳(12/31)
  4. 天狗の葉っぱ(12/31)
  5. 園古墳(12/31)
  6. 山歩きで(12/31)
  7. 古墳の石室(12/25)
  8. 松阪のすご古墳(12/25)
  9. 葉牡丹(12/25)
  10. ディーズニイ花瓶(12/24)
  11. 鳥さん花瓶(12/24)
  12. 自家製のあられ(12/24)
  13. クリスマスの寒桜Ⅱ(12/24)
  14. クリスマスの寒桜(12/24)
  15. 雪だるまのサンタ?(12/24)
  16. 雪だるまのサンタ? (12/21)
  17. フイギュアのサンタ(12/21)
  18. クリスマス(12/21)
  19. 金の阿弥陀如来と地蔵様(12/21)
  20. 金のフイギュア(12/20)
  21. 樹下雅楽の花瓶(12/20)
  22. 鳥の花瓶(12/19)
  23. 天然木の動物花瓶(12/19)
  24. 古墳で(12/17)
  25. 山歩き(12/17)
  26. 松阪の辰ヶ鼻古墳(12/14)
  27. 尾だけ古墳(12/14)
  28. 金の栗と扇子(12/14)
  29. アルミのフイギュア(12/13)
  30. いなかの列車(12/13)
次のページ
次のページ