タイトル画像

ガラスのゴム銃3作目

2008.06.08(23:29) 337

 ガラスのゴム銃3作
これがパーツですが、もうすこし詳しく説明いたします。ガラスを切り出したところです。
もちろんこのままでは角はすべてナイフと同じで怪我をいたしますが。
ダイヤモンドカッターの使い方で、形が決まります。

      ガラスのゴム銃3パーツ

こちらが、熱処理したパーツです、角がまあるくなっています。
ここまでになるともうどんな触りかたでも怪我はいたしませんよ、
組み立てるとこうなるんですが
今回はフレームは、中が判るように透明ガラスにしてみましたよ。
      ガラスのゴム銃3

これが接着剤です、銃身もフレームもグリップも、トリーガーガードも。
この(二液性ウレタン)で固めます。
面白いのでガラス間にスティッチの絵を挟みましたよ。
      ガラスのゴム銃パーツと接着剤

裏がわも接着、こちらも絵を挟みました。
これで、簡単に外れません、とても頑強ですよ。
      ガラスの仕様と組み立て

さて仕組みですが、穴あけをしてないので、
トリガーを部品2点で動かないように固定します。
そして、忘れていけないことは、トリガーを挟みこむことが出来る加工が必要です。
これにはダイアモンドやすりが一番適してますよ。銃身のゴムの引っかかり部分も削ります。
      ガラス銃の仕組み

完成はこのようになります、ガラスですから中身がみえると思います。
輪ゴムの引っ掛けも接着して、
これで十分トリガーの役目をはたします。
銃身の先端も輪ゴムがうまく固定できる溝を削って、完成です。
      完成

      仕様 全長 270mm 高さ 130mm 重さ 250g 16番
      コストは1丁で500円程度で低価格ですよ。(ダイヤモンドヤスリ、接着剤は別)
スポンサーサイト

ラバーバンドガン



<<あじさい | ホームへ | ガラスのゴム銃2作>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomuju.blog39.fc2.com/tb.php/337-c64753d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)