タイトル画像

鎌田工房のはにわの窯出しの日の

2016.10.16(08:37) 3923

 鎌田工房のはにわの窯出しの日の
 はにわの窯出しで、
 アルミ缶を加工して、粘土をつけたもので
 窯焼きで、確認が、できました、
 この、残がいが、実験の結果です。
 orizi01
 アルミ缶を加工して、粘土を貼りましたが、
 アルミの融点を窯の中では超えて、アルミは溶けたようです、、
 粘土は薄いので、バラバラに割れたのです。
 でも、取っ手が、アルミを残している点は
 不思議です、
 ひょっとしたら、粘土で、アルミを覆うと、
 上手く焼けるかもね?、
 今回の、粘土は、普通の文具屋の粘土でした。
 次回も、この方法も、やり、
 もう一つ粘土を、はにわ用に変えてみて、
 焼いてみたいですね、
 そんな意欲がでてきましたよ。
スポンサーサイト

ラバーバンドガン



<<はにわの確認と修理 | ホームへ | できた、はにわと遊ぶ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomuju.blog39.fc2.com/tb.php/3923-fe9f039f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)